読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメが暮らしの養分

アニメを見てブヒブヒするのが幸せなんです

僕だけがいない街8巻読んだ

マンガの感想

この間までアニメでも放送してた作品で原作自体も友達におすすめされてて3月ぐらいに7巻まではまとめて買って読んでました。

それでそろそろ最終決戦ぽいなと思ってたところにネットニュースで原作完結ってのをみてまだかまだかと首を長くしてましたけどやっと最終巻を読みましたよ。

アニメの最終回ってか全体を通してかなり駆け足で話が展開してましたけど原作は駆け足になってないかちょっと心配でした。でも読んでみたらそんなこともなくちゃんとしたストーリー展開になっててちょっと安心しました。

アニメ版は八代に屋上に連れて行かれた時に実は悟の記憶が戻ってたって話になってたんですけど、原作でも実は記憶は戻ってたってのは同じで色々と事前に仕込みをしていました。

まあ最後の最後でまた八代の狡猾さが出てきて危機になる場面があったりするのかどうかでドキドキしながら見てましたけど、流石に最終回も近くなると悟が主人公パワーと今までのリバイバルの経験からなんとか八代に勝利することができました。

この作品僕としてはかなりヒット作品なんで終わってしまうのは残念なんですけど、あとがき部分で本編は終了するけど短編集的な物をまだ書くらしいのでとりあえず僕街自体はまだ完全に終わってしまったわけでは無さそうです。

ちなみに僕にこの作品をおすすめしてきた友人が言うには実写映画はいまいちだったらしいです(笑)